2009年09月27日

ぜろせん


CM等で見てご存知・もしくは既に購入したという方も
いるかもしれませんね。アシェットより出版されてた
日本陸海軍機 大百科」という雑誌を買ってきました。

普通はこういう雑誌はあんまり買わないのですが(大体が立ち読み)
この「日本陸海軍機 大百科」は特別で雑誌の付録に
ダイキャスト製のミニチュアが付いてくるのです!
しかも、創刊号は特別価格の790円というお買い得価格
(2巻目からは1990円)でコレはもう買うしかない!!ってな訳です。


記念すべき創刊号では言わずと知れた旧日本海軍の主力戦闘機
零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の二一型です。

同じゼロ戦といっても様々な派生型があるのですが
ミニチュアのモデルになっている二一型は試作機等があり
その後、本格的に量産された型で空母での運用を前提として
翼の両端を折り畳めるようになっていたり着艦フックも装備してます。
そして、初期の頃のゼロ戦の特徴でもある灰緑褐色の迷彩です。

ミニチュアの方を見てみると1/87スケールでダイキャスト製で
食玩と比べてみると重量感がありますね(^^)
結構重要なプロペラも息を吹きかけるとクルクル回ります♪

胴体後方のマーキングで空母“赤城”所属の
戦闘機隊ということは分かりますが雑誌を読んでみると
進藤三郎 大尉が搭乗していたモデルを再現しているみたいです。


細かい所を見てみるとコクピット内にはパイロット(進藤大尉?)らしき人も確認できます。
翼のフラップには小さく「ナルノ←」や「ナスオ←」などのペイントもあります。
その他、細かい所にもペイントされていて良く出来ています。

雑誌を見てみると今後のラインアップに疾風や震電、等と自分の好きな機体が
並んでいて今後も楽しみです☆

でも、次回からは1990円何ですよね(;^_^A・・・




同じカテゴリー(ディスプレイモデル(空))の記事画像
海洋の亡霊
デアゴスティーニ:自衛隊モデル・コレクション
大統領専用機
同じカテゴリー(ディスプレイモデル(空))の記事
 海洋の亡霊 (2013-06-13 21:49)
 デアゴスティーニ:自衛隊モデル・コレクション (2013-04-06 18:55)
 大統領専用機 (2009-01-24 18:07)

この記事へのコメント
初めまして、まるきちさん。しょぼいブログ主のAQUAといいます。

私もこのゼロ戦をCMで見て気になっていた物です。
組み立てていくゼロ戦が欲しかったんですが....

全巻揃えると...何万にもなるのであきらめました(笑

このシリーズなら途中で挫折しても大丈夫そうですね。
Posted by AQUAAQUA at 2009年09月27日 23:31
AQUAさん はじめまして(^^/

自分も最初、気になって“零戦をつくる”を店頭で見てみましたが
小さく「このシリーズは100号で完結します。」というのを発見して
頭の中で計算してみて100×1600=、、、じゅっ16万円(約)!!!
って事でやめたんです(;^_^A

でも、記事のシリーズは続けて買う必要が無いので、気分的にも財布にも置き場所的にも良いですよね(^^)
Posted by まるきちまるきち at 2009年09月28日 23:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。